[み]カンタン操作でエクセルの列幅、行高をセンチやミリで設定する方法

Excelは本当にいろいろできてだいぶお世話になっています。

でも、そんなすばらしいExcelさんでも、1つすごくやっかいで付き合いにくいところがあります。
みなさんも、きっと同じかと思います。
そうです、行の高さや、列幅の単位がよくわからんのです。

Excelの行の高さや、列幅の単位

Excelの行の高さや、列幅の単位はかなり特殊です。
行の高さの単位と列幅の単位が違うんです。
それぞれの単位は、

  • 行の高さ:ポイント
  • 列幅:標準フォント(MSゴシック11ポイント)で表示できる文字数

高さは、まぁいいでしょう。
でも、幅のほうは、表示できる文字数っていうすごくアバウトな単位なんです。
もちろん、プリンタドライバによって変化してしまうので、書類をきっちりとつくりたい人にはとても迷惑な仕様なんです。

行の高さや、列幅をキッチリと決めたい

だれもが、1度や2度はこう思ったんじゃないでしょうか?

幅とか高さとかきっちりmmで指定したい

みはらも今日の仕事中にそう思いました。
これまでは、きっちりつくるなら、Illustratorに頼っていましたが、なんせ、今回は作るものが多すぎる。
ということで、ぜひともExcelのデータをそのまま流用したいってことで、mm指定する方法を探したっていうのが、今回の話です。

行の高さや、列幅を指定する方法

前置きがだいぶ長くなりました。
だって、方法はとてもカンタンだったんですもん。
このアドインが解決してくれました。

Excelセンチ単位:簡単操作でエクセルの列幅、行高をセンチやミリで設定出来るアドイン

使い方は、

  1. Excelセンチ単位をダウンロード
  2. 解凍して、「アドインインストール用.xls」をマクロを有効にして実行
  3. インストールボタンをクリック
  4. 幅、高さを指定したいところで右クリック
  5. 列の幅(センチ単位) / 行の高さ(センチ単位)で指定

これだけです。

カンタン操作でエクセルの列幅、行高をセンチやミリで設定する方法でした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup