[み]Amazonで買える世界各国の「Steve Jobs」の表紙を比べてみる

日本のSteve Jobs

アメリカのSteve Jobs

ドイツのSteve Jobs

スペインのSteve Jobs

イタリアのSteve Jobs

フランスのSteve Jobs

このSteve Jobsの公式伝記に関しては、装丁がちょっと・・・とか言われていますが、世界各国(Amazonで確認できたもののみですが)の装丁をみると、たしかにちょっと違和感を感じます。

やはり、ベースはアメリカ(英語)のものだと思います。その基本形を逸脱した、日本語の「スティーブ・ジョブズ」はもはや、別のものと言われても仕方がないくらいですね。

でも、やっぱり気になるのは、こういう評価が出てくることは予想されたと思うんですが、それでも、この装丁で発売したのはどうしてだったんでしょうか?あえて、このデザインにした理由が何かしらあると思うんです。でなければ、デザインを変える必要なんてないわけですから。

と、いうことで、2chにでもいいので、こっそり教えてほしいですね。それか、最近はじまったwebサービスの「○○だけど何か質問ある?」あたりに講談社の方が降臨されるととってもスッキリしていいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup