iPhoneのホーム画面から一発でいろんな設定を弄る方法

完全にポケモンタイピングDSのキーボードの虜、miha5です。
このBluetoothキーボードのおかげで、やたらとBluetoothのオンオフをやっています。

「設定」で普通にBluetoothのオンオフまでたどり着くのに、4タップ必要です。
面倒くさがりなmiha5はこれがいつも面倒です。
それと、家に帰って写真をiCloudに同期させるのに、一瞬だけWi-Fiにつなぐんですが、このWi-Fiのオンオフも3タップかかります。
時間にしてみれば大差ないとは思いますが、これらの「設定」の奥深くに眠るやつらをホーム画面から一発で弄ろうというのが今回の記事です。

結論:Touch Icon Creatorをつかう

結論からいくと、ホーム画面から各種設定のページへは、「Touch Icon Creator」というアプリを使用してホーム画面にショートカットアイコンを作成します。

アイコンの作成方法はこちらです。

  1. Touch Icon Creatorをダウンロードし、インストールします。
    Touch Icon Creator App
    カテゴリ: ユーティリティ
    価格: ¥85

  2. Touch Icon Creatorを起動し、スクリーンショットのように入力し、【作成】をタップします。

    「pref:root…」のところは、【prefs:root=General&path=Bluetooth】
    と入力してください。
  3. 【OK】をタップします。
  4. 画面下の【→】をタップします。
  5. 【ホーム画面に追加】をタップします。
  6. 【追加】をタップします。
  7. ホーム画面にショートカットアイコンができました。

1.で入力した「prefs:root=General&path=Bluetooth」はURLスキーマというんですが、ここをいろいろ変えると、いろんなショートカットアイコンを作成できます。

URLスキーマ一覧

では、miha5がGoogle先生におしえてもらったURLスキーマのなかから使いそうなのを紹介します。

  • Wi-Fi
    prefs:root=WIFI
  • 明るさ
    prefs:root=Brightness
  • メール/連絡先/カレンダー
    prefs:root=ACCOUNT_SETTINGS
  • 通知
    prefs:root=NOTIFICATIONS_ID

このくらいですかね?
これ以外にも、URLスキーマを使うと、いろんなショートカットアイコンを作成することができます。
例えば、よく電話をかける相手、メールを送る相手のショートカットアイコンも作成することができます。
この方法を使うと、「らくらくホン」のように、ワンタッチで電話をかけることができるようになるので、ご年配の操作方法がいまいちわからない方に電話を預けるときに、「オレに電話する時は、ここさわれ!」というだけなので、ガラケーよりも、カンタンに電話できるようになります。

また、みはら.comをSafariでひらくショートカットアイコンを作るには、こんなふうに入力してください。

このURLスキーマ、かなり便利です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup