バッテリー駆動時間の問題を修正した「iOS 5.0.1」をWi-Fi経由でインストール

今日11月11日に、iPad・iPhone・iPod touch向けソフトウェアアップデート「iOS 5.0.1」が公開され、無料での配布が始まっています。
今回のアップデートからは、iTunesに接続せずにWi-Fi経由でアップデートすることが可能となりました。
さらに、iOS5からは、差分アップデートに対応しているため、OSの全ファイルをダウンロードする必要はなく、変更が加えられた部分だけのダウンロードとなり、かなり短時間でアップデートできるようになりました。

iOS 5.0.1になって改善された点

  • バッテリーの連続駆動時間に関する問題を修正
  • iPad(第一世代)のマルチタスキングジェスチャーを追加
  • オーストラリア英語による音声入力時の認識制度が向上

iOS 5.0.1へのアップデート対象機種

  • iPhone 4S
  • iPhone 4
  • iPhone 3GS
  • 第4世代 iPod touch
  • 第3世代 iPod touch
  • iPad 2
  • iPad

wi-fi経由でアップデートする方法

iTunesに接続せずにWi-Fi経由でアップデートするには、ひとつだけ条件があります。
「バッテリーの残量が50%以上、または充電中であること」これだけです。
ちなみに、この方法は「OTA(Over-The-Air)」と言うそうです。

では、アップデートは次の手順に従って進めてください。

  1. 「設定」の【一般】→【ソフトウェア・アップデート】をタップします。
  2. 【ダウンロードしてインストール】をタップします。

すごくカンタンですね。
しかも、差分アップデートなので、ファイル容量も55.5MBしかないので、けっこうあっさり終わります。

また、Wi-Fiにつながずにアップデートしようとすると、【ダウンロードしてインストール】のところがグレーになっていて、タップできなくなっています。

おちついてWi-Fiに接続してアップデートしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup