年末年始を利用して、WordPressのオリジナルテーマをつくろう

仕事はたまってるけど、年末年始で職場から閉め出されてどうしようもないmiha5です。
どうせ仕事できないなら、WordPressのテーマでもつくろうということで、テーマの作成のチュートリアルっぽい記事を集めましたので、WordPressを使っている方で、テーマのカスタマイズに手を出そうかなという方におススメです。

まずは、ローカルにWordPressをインストール

サーバーにインストールしたWordPressを直接弄っても、問題がないといえばないですが、おかしくなった時に戻すのが大変なので、ローカル環境(自分のPC、Mac)にWordPressをインストールしてカスタマイズした方が安心安全です。

ローカル環境にWordPressをインストール????
という方でも大丈夫です。
30分くらい(ほとんどがダウンロードしてる時間)でカンタンにできます。
こちらを参考に、BitNamiを使ってWordPressをインストールしましょう。

超簡単&スピーディにローカル環境にPHP+MySQL 、WordPress構築を実現するBitNami – かちびと. net

WordPressオリジナルテーマのつくり方の記事

ローカル環境にWordPressがインストールできたら、さっそくオリジナルテーマを作りはじめましょう。

miha5が個人的に一番わかりやすかったのがこちら。
おそらく最もわかりやすいWordPressテーマ制作チュートリアル | Stocker.jp / diary
http://stocker.jp/diary/wordpress-tutorial/
サンプルテーマが用意されていて、記事を読み進めながらサンプルを弄っていくことができるという、初めての方にもわかりやすい仕様です。
記事タイトルに「おそらく最もわかりやすい」とありますが、たしかに「最もわかりやすい」です。

この記事をひとまず読んだあとに、次におススメする記事を読んで理解を深めるっていう流れがベストだと思います。

どちらも有名どころですので、もう見たよっていう方もいらっしゃるかと思いますが、つまづいた時にはサクッと助けてもらえますので、ぜひ読んでください。

書籍だったらこれがおススメ

Web上の記事も参考になりますが、書籍の方がしっくりくるという方には、こちらの本がおススメです。

このWordPressデザインブックは以前に「WordPressデザインブック(ソシム株式会社)を買ったよ」という記事でも紹介しましたが、いい意味で中途半端なんです。
超初心者向けという訳でもなく、かといってWordPressをガンガン使っている人向けという訳でもない、ちょうどいいレベルなんです。
また、このWordPressデザインブックも、サンプルテーマがあり、本を読みながらサンプルを弄っていくというスタイルなのでとてもわかりやすいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup