[み]iMacをデュアルディスプレイにしたらDVDが見やすくなった

今週の日曜にiMacをデュアルディスプレイにするためのケーブルを注文し、早く届かないかなーと指をくわえて到着を待っていたみはらです。

で、今日やっと到着し、さっそくAQUOSとつないでみました。
つないで、電源を入れるだけであっさりとデュアルディスプレイ化に成功しました。
こんなカンジになってます。

ちなみにちっちゃい画面の方がAQUOSです。
これは、iMacの解像度が2560×1440なのに対して、AQUOSが1366×768のためです。

はっきり言って、あまりのカンタンさに拍子抜けしました。
そのくらい、iMacのデュアルディスプレイ化はカンタンです。
mini Display Port-HDMI変換ケーブルとHDMIケーブルさえ、買ってしまえばテレビにつなげることができます。
かかった経費は、たったの1,330円。
iMacとテレビが近くにあれば、もっと短いHDMIケーブルで対応できるので、さらに安くデュアルディスプレイを実現できます。

これまでDVDを見る時は、iMacで見ていたのですが、でかすぎる解像度のせいで全画面で見ようとすると、映像が荒くなってしまっていました。
しかし、今回のデュアルディスプレイ化でAQUOSでもDVDを見られるようになり、こちらは低解像度が功を奏し、実にキレイな映像になっています。
いや、実際には一番キレイな状態ではないですが…

サブのディスプレイにしたテレビでDVDを見る時に注意すること

ケーブルをつなぎ、デスクトップの画面がAQUOSに表示された感動で、さっそく「カールじいさんの空飛ぶ家」を見ようと、再生したら、なんとiMacから音がでてくるんです。
テレビ側の音量が小さいせいかと思い、ボリュームを大きくするものの、いっこうに変化はありませんでした。
画面の方向とはちがうところから音が聞こえてくるのは、どうしても気持ちの悪いものでした。
で、システム環境設定をいろいろと見ていたら、これまたあっさりと問題解決しました。
「サウンド」の【出力】にある「サウンドを出力する装置を選択」で、SHARP HDMIを選んだらちゃんとAQUOSから音がでました。

1,000円ちょっとで、カンタンにデュアルディスプレイができちゃうので、iMacの方(Mac全般ですが)はぜひぜひやってみてください:)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup