[み]WordPressのタグクラウドに表示されるタグを増やす方法

またWordPressの話です。今回は、ウィジェットで使える「タグクラウド」の話です。

このタグクラウドは標準で使えるウィジェットなんですが、実は45個までしかタグを表示できません。ですので、みはら.comでも、多いほうから45個表示されている状態です。
でも、実際にはもっとたくさんタグつくっています。ということで、もっとたくさんタグを表示する方法を紹介します。

タグの表示数を変更する

弄るファイルは、 /wp-includes/category-template.php の526行目あたりからの function wp_tag_cloud() を変更します。もともとのコードはこうです。

function wp_tag_cloud( $args = '' ) {
    $defaults = array(
        'smallest' => 8, 'largest' => 22, 'unit' => 'pt', 'number' => 45,
        'format' => 'flat', 'separator' => "\n", 'orderby' => 'name', 'order' => 'ASC',
        'exclude' => '', 'include' => '', 'link' => 'view', 'taxonomy' => 'post_tag', 'echo' => true
    ); //この後ろは省略します

ここにあるパラメータを変更すると、いろいろ変更できます。それぞれのパラメータで変更できることは次の通りです。

  • smallest – 最少使用数のタグの表示に使うフォントサイズ。
  • largest – 最多使用数のタグの表示に使うフォントサイズ。
  • unit – smallest・largest の値の単位。pt・px・em・%などが使える。
  • number – タグクラウドに表示するタグ数。0を指定すると全部表示。
  • format – タグクラウドのフォーマット。
    • flat – タグをスペースで区切る。
    • list – タグを <ul class=”wp-tag-cloud”>内に表示する。
    • array – タグを配列に格納する。
  • separator – formatが「flat」のときの区切りに表示するやつ。
  • orderby – タグの並び順を何で決めるか。
    • name – タグ名。
    • count – タグの使用数。
  • order – タグの順番が、昇順か降順か。
    • ASC – 昇順。
    • DESC – 降順。
    • RAND – ランダム。
  • exclude – 表示しないタグを指定。デフォルトは「なし」。
  • include – 表示するタグを指定。デフォルトは「全部」。
  • link – リンク先を指定。
    • view – 表示。
    • edit – 編集。
  • taxonomy – タグクラウドを生成するベースを選択。
    • post_tag – 投稿タグ。
    • category – カテゴリー。
    • link_category – リンクカテゴリー。
  • echo – 表示するか文字列として取得するか。
    • true – 表示。
    • false – 取得。
    • 1 – 表示。
    • 0 – 取得。

すごくいっぱいありますが、今回変更したいのは表示数なので、「number」を変更します。で、どうせだったら全部表示しておいた方が、新しい記事を書くときに便利そうなので、

'number' => 0,

にしました。

で、変更したので、タグクラウドがちょっとだけでかくなりました。
ご静聴ありがとうございました:)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup