[み]Photoshop、IllustratorなどなどCS2の無料提供はライセンス保有者のためだけでした。

みはら.comでもお昼にお伝えしましたAdobeのCS2シリーズの無料提供ですが、ついにAdobeから公式なコメントが発表されました。

Adobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ | アドビ

Twitterのアカウントでもコメントがでていました。

Adobe Creative Suite 2、Acrobat 7などがダウンロード可能になっている件ですが、これは正規ライセンスを所有するお客様のための措置であり、無償で提供しているわけではございません。公式コメントはこちらです。http://t.co/7BlAy1Ts
@AdobeSupportJ
アドビ サポート担当

アドビによると、

2012年12月13日、アドビ システムズでは技術的な理由によりAdobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーを停止いたしました。
これらの製品は、7年以上前にリリースされたものであり、現在多くの方に利用されている主要なオペレーティングシステムでは動作いたしません。 しかしながら、旧来のオペレーティングシステム上で継続してCS2製品およびAcrobat 7を利用されるお客様に引き続きご利用いただけるよう、CS2およびAcrobat 7の正規ライセンスを所有されているお客様を対象として、アクティベーションサーバーを介在しないソフトウェアをアドビ システムズより直接提供させて頂いています。

弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

ということです、要するに、オンラインでのアクティベーションができなくなったから、これまでライセンス持ってた人は、こっちのライセンス使ってね!ってことですね。ライセンス違反になるとハッキリと書かれているので、ライセンス違反になることはまちがいありません。ということで、ダウンロードされた方も、インストールせずにさっさとゴミ箱にポイしちゃいましょう。

とはいえ、実際にライセンス違反を犯しながらも使い続ける人をどうやって取り締まっていくのかは謎ですね。というか、取り締まるのは無理な気がします。というか、無理でしょうね。つまりは、ユーザーにゆだねるってことでしょうか?

ここからは、みはらの妄想になりますが、CS2を使ってもらって、PhotoshopやらIllustratorやらに興味をもってもらうことがAdobeの本当の目的だとしたら… しかも、CS2→CS6ではだいぶ進化しているので、その進化具合も見てね!っていうプロモーションだったらすごいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup