[み]中国からの大気汚染物質「PM2.5」は普通のマスクじゃ防げないからN95マスクで防御しよう

西日本を中心に、中国からたくさんの招かざるお客さまがいらっしゃってるようですね。大気汚染物質「PM2.5」はとても小さい粒子で、コンビニやドラッグストアで販売されているような、通常のマスクでは防ぐことができないんです。

しかし、医療現場・建築現場等で利用されている「N95マスク」であれば、PM2.5も防ぐことができます。そのn95マスクとはどんなものでしょうか?

Wikipediaによると、

N95 規格とは、米国 NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health)が定めた9種類(後述)の基準の中で最も低いもので、「N」は耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表している。
NIOSH規格で用いる試験粒子は、フィルターで最も捕集しづらい、つまりフィルターを通過しやすいサイズの粒子で、空力学的質量径でおおよそ0.3μmの粒子であり、この粒子径で95%以上捕集できなければならない。なお、N規格の試験粒子は、塩化ナトリウム(NaCl)、DOPが用いられる。試験粒子はろ材のタイプにより選択される。
N95とはフィルター自体の性能を示すもので、装着後のマスクと顔との密着性は保証していない。使用にあたっては、正しい装着を実施する必要があり、サイズの確認のため、最低年1回のフィットテストが必要で、息の漏れが無いかを確認するシールチェックは、マスク着用の度に行う。

N95マスク – Wikipedia

PM2.5がおよそ2.5μmの粒子なので、N95マスクであれば、ほぼ完璧に防ぐことができます。本当に完全にPM2.5を防ぎたいのであれば、N100マスクもあります。

ただし、Wikipediaでも触れられていますが、顔に完璧にフィットさせないと、マスクと顔とのすき間からどんどん入ってきてしまうので、顔にぴったりフィットさせることが重要です。

楽天で買えるN95マスク

みはらも、震災後に石巻に瓦礫撤去のボランティアにいっていたときに、粉塵対策でN95マスクのお世話になっていました。そのときに購入したのが、これらのN95マスクです。

2種類のN95マスクを試しましたが、カップ型の8210よりも、9210の方がフィット感がよかったです。特にフィット感を感じたのが、メガネがまったく曇らず、臭いも無くなったところです。逆に、マスクを外したときに臭いが感じられたので、そこでもN95マスクの実力を実感しました。

ただ、このN95マスクは、普通のマスクと違い、耳に掛けるタイプではないので、端から見ると、かなり仰々しい見た目になります。こんなです。
まさに医療現場の人のようですね。まぁ、3Mの製品なのでなおさらそう見えるのかもしれないですね。

ボランティアにいっていたときには周りの方々も同じようなスタイルだったので特に気にはしませんでしたが、日常生活でこれらのマスクをつけるとなると、ちょっとためらっちゃいます。でも、PM2.5を防ぐにはこれらのN95マスクを利用する必要があるので悩みどころですね。スタイルを取るか、健康をとるか…

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup