[み]Excelで文字列に含まれたいらないスペースを削除する方法 SUBSTITUTE関数

Excelネタです。

よくあるパターンで、名簿やら住所録やら、昔からのデータを修正を繰り返して使っていると、よく目にするのが、「山 田 太 郎」とか「山田 太郎」のように、文字の間にスペースが入れられているデータです。こういうデータは、画面上で見る分には見やすくなるかもしれませんが、差し込み印刷とかするには、非常にやっかいです。

ということで、このやっかいな文字列に含まれたいらないスペースを削除する方法を紹介します。

SUBSTITUTE関数を使ってスペースを削除

SUBSTITUTE関数は文字の置換をやってくれる関数です。このSUBSTITUTE関数を使って、スペースを削除します。

SUBSTITUTE関数の基本的な使い方は、

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象)

となっています。

  • 第1引数(文字列):対象となるセル番地を入力
  • 第2引数(検索文字列):置換する前の文字(今回の場合、スペース)
  • 第3引数(置換文字列):置換した後の文字(今回の場合、何も入力しない)
  • 第4引数(置換対象):文字列に含まれるどの検索文字列を置換文字列に置き換えるか
    ※置換対象を指定した場合、文字列中の置換対象番目の検索文字列だけが置き換えられます。省略した場合は、文字列中のすべての検索文字列が置き換えの対象となります。

ということで、A1セルにあるスペースを削除するには、

=SUBSTITUTE(A1," ","")

となります。

が、スペースにも全角と半角がありますよね。ということで、全角スペースも半角スペースも削除するには、

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(A1," ","")," ","")

となります。

入れ子になっていますが、半角スペースを削除した状態のセルを対象に全角スペースを探して削除するということです。もちろん、この順序は逆でも構わないので、

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(A1," ","")," ","")

これでもOKです。

Ctrl + H の置換でスペースを削除

次に、Excelの機能のひとつの置換を使ってスペースを削除する方法です。SUBSTITUTE関数を使うと、列(行)が増えていやだという方は、こちらをどうぞ。

Ctrl + Hで【検索と置換】ダイアログがでるので、【検索する文字列】にスペースを入力し(             を押下)、【置換後の文字列】には何も入力せず【すべて置換】をクリックします。
置換
これで、アクティブになっているシートのすべてのスペースが削除されます。

ですので、必要なスペースがある場合は、スペースを削除したいセルを先に選択し、その後、Ctrl + Hで置換してください。

なお、このCtrl + Hでの置換は、全角も半角も一気に削除してくれますので、全角スペースと半角スペースの2回置換する必要はありません。

逆に、全角スペースだけ・半角スペースだけ削除したい場合は、【検索と置換】ダイアログの【オプション】をクリックします。そして、【半角と全角を区別する】にチェックを入れることで、全角スペースだけ・半角スペースだけを削除できます。
置換

ちなみに、Ctrl + Hでの置換は、Excelだけに限らず、WordでもPowerPointでも使えますので、覚えておくと効率的ですよ:)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup