12月10日(土)は日本全国で皆既月食が見られるよ

12月10日の皆既月食は日本全国で見ることができるんです。
しかも、月食の食の始めから終りまでの全過程を好条件で観測できるということで、天文ファンだけでなく、関心がなかった人でも晴れていたら見てみたらどうでしょう?

皆既月食のスケジュール

今回の皆既月食は、こんなカンジで進みます。

  • 半影食の始まり 10日 20時31.8分
  • 部分食の始まり 10日 21時45.4分
  • 皆既食の始まり 10日 23時05.7分
  • 皆既食の最大  10日 23時31.8分
  • 皆既食の終わり 10日 23時58.0分
  • 部分食の終わり 11日 01時18.3分
  • 半影食の終わり 11日 02時31.7分

夜の9時45分に部分月食が始まり、11時05分に月が地球の陰にすっぽり入り皆既月食となります。
皆既は約53分間続き、11時58分に月は再び明るくなってきます。
日付が変わり、11日午前1時18分、部分月食も終わりいつもどおりの満月へもどります。

月食中の月を探す

月食がだいたいどちらに見えるのか見当をつけるには、ニンテンドーDSで星空を再現できる「星空ナビ」が便利です。
このソフトは、月食もシミュレーションすることができて、観測する場所を設定すれば月が空のどの位置にあるのかもわかります。

また、iPhoneをお持ちの方は、「iステラ」というアプリで同じように、月食を再現することができます。
iステラ App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: ¥800

皆既月食のときの月の色

皆既月食になると、月が影の中に完全に入り込んでしまうので、月がまったく見えなくなるような気がします。
でも、実際には影の中にわずかに回り込む光の影響で、全く見えなくなるということはないそうです。

それは、地球のまわりには大気があり、太陽光がこの大気の中を進むと、大気がレンズの役割をして、ほんのわずかに屈折して進みます。
この時に、青い光は空気の分子によって途中で散乱しますが、赤い光は散乱しにくいので、屈折して影の中に入り込むんです。
このわずかに屈折して影に入り込んだ赤い光が皆既中の月面を照らすため、皆既中の月は赤黒く見えるんです。

皆既中の色は月食の度に変わります。
大気中にチリが少ないと、大気を通り抜ける光の量が多くなり明るいオレンジ色に、逆にチリが多いと通り抜ける光の量が少なくなり、黒っぽく見えます。
このチリの量で皆既中の月の色が決まります。

ちなみに、次に皆既月食の全過程が日本全国で見られるのは2018年1月31日だそうです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup