[み]JRのきっぷは乗車区間が100キロ越えると途中下車できます。もちろん無料です。

JRのきっぷって、案外知られていない細かいルールがあるんですよね。今回紹介する途中下車もそうですし、繁忙期と閑散期で料金が若干変わるとか、出張のときにJR料金を申請するとなると、ちょっと気をつけなければなりません。

まぁ、繁忙期・閑散期はちゃんと日付を指定して駅すぱあとで検索すればOKですが、この途中下車ルールは駅すぱあとではわからないんですよね。みはらも、経理の人にJR料金を訂正されてはじめて気づきました。

乗車区間が100キロ越えれば途中下車OKです

では、途中下車ができる条件としては、何があるかというと、たったひとつ「乗車区間」だけです。この乗車区間によって、きっぷの有効期限が決まります。

JRきっぷの有効期限

きっぷの有効期限は乗車区間によってかわります。

  • 100キロまで:発売当日のみ
  • 200キロまで:2日
  • 400キロまで:3日
  • 600キロまで:4日
  • 800キロまで:5日
  • 1000キロまで:6日

もちろん1001キロ以上もあります。1001キロ以上の場合は200キロごとに有効期間が1日加わります。JR東日本のWebサイトには「有効期間早わかり方程式」なんてのも掲載されています。

Akm÷200km+1日=有効期間(小数点以下切り上げ)

JR東日本:きっぷに関するご案内

これが、“早わかり”かどうかはさておき、この計算式で有効期間がわかります。この有効期間内であれば、何度も途中下車することができます。

でも、これは乗車券のみの話

途中下車できることはできるんですが、注意が必要なところがあります。それは、この有効期間内であれば途中下車OKなのは、乗車券のみなんです。つまり、特急券はその対象ではないので、新幹線などで途中下車する場合には、特急券を買いなおす必要があります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup