[み]GoogleAdSenseの336×280に300×250も表示されるようになった

GoogleAdSenseに関して、重要な変更が2つほどありました。

  • 336×280の枠に300×250も表示されるようになった
  • 広告コードの変更が可能になった

どちらも重要なことなんですが、個人的にはやはり、336×280の枠に300×250も表示されるようになったっていうのは収入の面から見て、かなり大きなことだと思います。

336×280の枠に300×250も表示される

これまでも、レクタングル大(336×280)とレクタングル中(300×250)とではどちらが収益性が高いかみたいな話があちこちでありましたが、今回の変更でその話も解決ですね。

ちなみに、レクタングル大(336×280)にレクタングル中(300×250)の広告が表示されるのは、レクタングル中(300×250)のほうがパフォーマンスが高い場合に自動的にレクタングル中(300×250)が表示されます。

で、どうしてもレクタングル中(300×250)を表示したくないという方は、AdSenseの管理画面からレクタングル中(300×250)を表示できないように設定することができます。

【広告の許可とブロック】をクリックして、【広告配信】をクリックします。で、一番上の【類似したサイズのディスプレイ広告】をOFFにすると、レクタングル大(336×280)にはレクタングル大(336×280)だけが表示されるようになります。
adsense001

広告コードの変更もOK

また、これまでは広告コードの変更は規約で禁止されていて、ABテストを行う場合だけ特例として認められていた形だったんですが、このたびいくつかの条件下で、コード変更が可能となりました。

サイトを訪れるユーザーを獲得し続けていくには、ウェブのトレンドや技術の進化にすばやく対応していく必要があります。そこで Google では、レスポンシブ・ウェブデザインなどの分野に関してこれまでにお寄せいただいたご質問やご意見を基に、AdSense 広告コードの変更に関する既存のガイドラインを変更いたしました。これにより、広告コードを柔軟に変更できるようになり、サイトの利便性を向上させることができるようになります。

Inside Adsense – 日本語: ウェブの技術進化に対応するために広告コードの変更が可能になりました

ということで、コード変更が可能になるのは次の4つの場合です。

  • レスポンシブ・ウェブデザイン
  • A/B テスト
  • 動的なカスタム チャネルの設定
  • 広告タグの削減

この4つの場合だけ広告コードの変更が認められました。

この中にレスポンシブウェブデザインが入っていますが、みはら.comでは広告コードを変更せずにレスポンシブウェブデザインに対応する方法を紹介していますので、レスポンシブ対応に困っている方は、そちらもどうぞ。
[み]レスポンシブデザインのWordPressでAdSenseを切り替える方法

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup