無料でビットコインをもらえるのは、ビットフライヤー

Ciderプロジェクト – 発達障害のかたとその家族のための未来サポート

わたしの現在(いま)をあなたの未来へをコンセプトに、ブロックチェーンを活用して発達障害のかたとそのご家族のための未来サポートを目的とするプロジェクトCiderProjectを、ホワイトペーパーをもとに紹介します。

参考

Ciderホワイトペーパー

Ciderプロジェクトのめざすもの

人々は多種多様な価値観をもち、社会はどんどん変化を続けている現在、ノーマライゼーションという言葉・考え方は浸透しつつあるものの、現実には満足のいくものとは言えない状態にあります。

そんな状況のなか、Ciderプロジェクトでは、これまでに行われてきたノーマライゼーションの方法とは全く別の角度から支援を行おうとしています。それは、ゲーテッドコミュニティ*1 を構築し、このコミュニティの中でチャレンジド*2 な人々、そしてその家族を支援することをめざします。
*1 ゲーテッドコミュニティ:外界のコミュニティとは一線を隔し、自分たちが自分たちらしく「安心で安全で自由に暮らすことのできる場所」と定義。
*2 チャレンジド:「発達障害、ADHD、障碍のあるかたetcを含め、個性や才能を与えられ、それに挑戦し続けるすべての人々のこと」と定義。

プロジェクトの概要をまとめた動画も作成されています。

プロジェクト名のCiderって何?

CiderプロジェクトのCiderは三ツ矢サイダーのサイダーです。

もともとは、情報リテラシーの格差から人を守りたいということで盾(シールド)という名称が最初に考えられ、このシールドの文字を並べ替えてシードル(リンゴのお酒/Cidre)になり、さらにアルファベットを並べ替え、Cider(サイダー)になりました。

Ciderはただのアナグラムではなく、シュワシュワと炭酸が常に上にのぼっていく様子を、自分たちが常にチャレンジし続けていく様になぞらえている、とのことです。

Ciderプロジェクトの具体的な取組み

Ciderプロジェクトの具体的な取組みは5つ掲載されています。

  1. 学習/就労サポート
  2. 制度アシスト
  3. 心のオアシス
  4. ギルド制度(組合制度)
  5. ゲーテッドコミュニティ(独立したコミュニティ)

では、それぞれをカンタンに紹介します。

学習/就労サポート

会員制のオンラインサロンをとおして、ITスキルやヒューマンスキルの向上をバックアップします。さらに、資格取得の支援を行い、希望職種への就労もサポートします。

制度アシスト

行政の準備しているさまざまな支援制度について、専属のサポーターが手続きのアドバイスなどを行います。

心のオアシス

ネット上・実社会でコミュニティをつくり、同じ境遇の人たちが集まることのできる場を提供します。それによって、スピーディな情報共有をサポートし、心のケアを可能にする環境をつくります。

ギルド制度(組合制度)

コミュニティに属する人々と研鑽をつみ成果を上げていくことで、より安定的なワーキングライフの向上を実現します。

ゲーテッドコミュニティ(独立したコミュニティ)

なんでもかんでも自己責任で片付けられてしまう昨今ですが、その自己責任論に疲れてしまった人々のための駆け込み寺をつくります。このゲーテッドコミュニティは次の3段階があります。

ネット上でのコミュニティ

価値観的・境遇的に近い人々でコミュニケーションをとる、いわゆるSNSのようなコミュニティです。これは、すぐに実現可能な部分です。

実社会でのコミュニティ

資金面での運用がスムーズにいけば、こちらもすぐに実現可能なものです。最初は4畳半のアパートでも構わないとのこと。

実社会での自治コミュニティ

最終的な目標としては、「ムラ」をつくります。国内に限定せず海外も視野にいれており、無人島を島まるごとコミュニティとするプランも。

公式リンク

公式Webサイト:
http://cider.starfree.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/cryptocider

公式Discord:
https://discord.gg/WU4kRMR

公式Facebook:
https://www.facebook.com/CiderProject/

ますはDiscordに参加してみませんか?

Ciderプロジェクトについて、ホワイトペーパーに出ている情報はざっとまとめましたが、最新の情報はDiscordで発表されることが多いので、情報収集のためにもまずは、Discordに参加しましょう!

参考

Cider ProjectDiscord

CiderのDiscord内では、エアドロップの告知などいろんな情報が配信されていますので、エアドロを逃さずにもらいたい!という方は忘れずにDiscordをチェックしましょう!

クラウドファンディングも実施中!(10月31日(水)まで)

最後に、このCiderプロジェクトは、社団法人立ち上げのためのクラウドファンディングも実施中です。Ciderプロジェクトの発起人の声も掲載されています!

このクラウドファンディングは目標額の250,000円に到達しなかった場合は全額返金するという「All or Nothing」で開催されています。

参考

発達障害の方とそのご家族の支援のため社団法人を立ち上げたい!(Cider Project-サイダープロジェクト-(湯野/荒屋/大和) 2018/09/24 公開)クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

リターンとしてトークンがもらえるものもありますので、ぜひご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です