AMANPURIでAMALを買う手順を画像付きで紹介!

ブロックチェーン上のあらゆる取引のプライバシーを保護するパブリックブロックチェーン「QURAS(キュラス)」とは?

quras

Quras(キュラス)って最近何かでみたような?

Quras(キュラス)ってなんかどっかで見たことあるぞ!と思ったそこのあなた!きっとこのキャンペーンでQuras(キュラス)を知ったんだと思いますw

そうです。かくいう私もこのキャンペーンでQuras(キュラス)を知りましたw キャンペーンの方は、惜しくも当たりませんでしたが、次回のキャンペーンに向けて、媚びを売るためにQuras(キュラス)のことをよく知っておくために、Quras(キュラス)についてまとめていきます。

Quras(キュラス)はスマートコントラクトを匿名で実行できるブロックチェーンプラットフォーム

Quras(キュラス)はスマートコントラクトを匿名で実行できるブロックチェーンプラットフォームです」と言われても、なんのことだかさっぱりわからん!という私のような方のために、小分けにして解説しますね。

スマートコントラクトは便利な技術

まずは「スマートコントラクト」。スマートコントラクトとは、プラットフォーム上でアプリケーションやサービスを動かすために使用する機能のことを言います。My Crypto Heroes(マイクリ)もEthereumのスマートコントラクトを利用しています。それと、世の中にたくさんありすぎるERCトークンもスマートコントラクトを利用しています。

ちなみに、bitflyerの用語集ではこんな風に解説されています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。イーサリアムなど多くの仮想通貨でスマートコントラクトが実装されています。

この仕組みは、自動販売機のように利用者が硬貨を投入し、飲み物のボタンを選択した瞬間に売買契約が成立するイメージに似ています。

スマートコントラクトの契約は、プログラミング言語で組まれており、イーサリアムでもプログラムに従って履行されます。

その履行履歴は、P2P のネットワーク上でブロックチェーンに記述されるため、契約の透明性が確保されているのが特徴です。

加えて、仮想通貨の持つ非中央集権性も引き継いでおり、サービスの管理者が存在しない場合でも、消費者同士の資金の移動を自動処理するプログラムとして機能します。

スマートコントラクトのメリットは、当事者間で交わされる契約書の締結など多くの作業が不要になるため、事務コストを削減できることです。

一方、契約内容を容易に変更できない点がデメリットとして挙げられます。自動化された契約にエラーやバグがあっても、そのバグを簡単に修正することは難しく、攻撃者がバグに気づけば攻撃の起点になる可能性があります。

この解説にもありますが、スマートコントラクトの利用はブロックチェーンに記述されるため、契約の透明性が確保されているのが特徴です。イーサリアムのアドレスがわかれば、いまどのくらいのトークンをもっているのか、いつどこにどのくらい送ったのか、ぜんぶ誰からでも見えてしまいます。この透明性が機密性やプライバシー保護を求める取引やビジネス利用にはネックになっていました。

そこで、Quras(キュラス)がこのスマートコントラクトに組み込んだのが「匿名技術」です。

スマートコントラクト+匿名技術

Quras(キュラス)がスマートコント楽に組み込んだ匿名技術は、ゼロ知識証明(zk-SNARKs)とリング署名(Ring CT)です。どちらも、Quras(キュラス)が開発したということではなく、すでにいくつかの暗号資産|仮想通貨で使われている技術です。

  • ゼロ知識証明(zk-SNARKs):Zcash・PIVX など
  • リング署名(Ring CT):Monero・Bytecoin など

この2つの匿名技術は、他の多くのプロジェクトで採用されているということは、とても優れた技術である裏付けになりますね。

ゼロ知識証明については、どの説明を読んでもむずかしくてサクッと説明できないんですが、リング署名は江戸時代にあった傘連判状(からかされんぱんじょう)のイメージです。
傘連判状

どちらの匿名技術も従来は送金用途のみに使われていましたが、Quras(キュラス)ではスマートコントラクトに応用することにより、ブロックチェーンの改ざんできないという特性を活かしつつ、さらに機密性やプライバシー保護を求めるビジネスにおいてもブロックチェーンが活用できるようになるわけです。

まぁ、簡単にいうと、自分のAmazonや楽天での購入履歴が丸見えだったのが、ちゃんと他の人からは見えなくなるっていう感じですね!w

手数料はマイナーだけでなくプロジェクトにも還元

Quras(キュラス)のもうひとつの大きな特徴は、手数料をプロジェクトにも還元することです。通常、ブロックチェーンは利用者がノードに手数料を支払うことで維持されています。ERCトークンを送るときにはGAS代としてETHが必要ですよね。あれが手数料で、あのGAS代はノード(=マイナー)に支払われ、トークンの発行者(開発者)には一切支払われません。

そこでQuras(キュラス)では、手数料の一部をプロジェクトに還元することによりプロジェクトの発展・繁栄をサポートするというんです。

プロジェクトは従来のブロックチェーンプラットフォームを利用するよりも、この手数料還元システムがあるQuras(キュラス)を利用することで自分たちのビジネスを収益化することができ、利用者に対してもよりよいサービスを提供できるよう努力するかもしれません。そうなれば、利用者になるわたしたちにもよりよいサービスとして還元される
わけですね。

なので、これからブロックチェーンプラットフォームを使って何かしようとしている方は、EthereumやEOS、NEOなどの従来からあるプラットフォームよりもQuras(キュラス)を使って、よりよりサービスをお願いします( ˶˙ᵕ˙˶ )

9月30日にIDCMでQuras(キュラス)のIEO決定!

quras_ieo

QURASは、2019年9月30日(月)にIEOを実施することが決定しています。
今回QURASがIEOを実施するのは、香港に拠点をもつIDCMです。

IEOとは?
IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産|仮想通貨取引所を使った資金調達方法です。
取引所がプロジェクトの審査を行うため、投資家にとっては従来のICOより質の良いプロジェクトに投資ができます。
また、プロジェクトにとっては取引所のユーザーを新たに獲得できます。

Quras(キュラス)のIEO詳細

  • 実施期間:2019年9月30日 13:00 — 10月31日 00:59
  • 販売最低額:0.01 BTC、0.5 ETH
  • 販売レート:1 BTC = 69,500 XQC、 1 ETH = 1,200 XQC
  • IEOに参加できない国:中国、米国、日本、キューバ、イラン、イラク、北朝鮮、韓国、シリア、イエメン、スーダン、ジンバブエ、ベラルーシ

9/30追記 IEO延期もしくは中止が発表されました

2019年9月30日に予定していたIDCMでのIEOの延期もしくは中止が発表されました。延期もしくは中止の理由はビットコイン価格の下落により、IEO価格がプライベートセール価格を下回る可能性がでたからとのことです。詳しくはMediumに掲載されていますのでご確認を。

参考

2019年9月30日にIDCM取引所にて実施が予定されているIEOについて - Quras Japan Official - Medium

通常、延期もしくは中止というとマイナスイメージが大きいですが、今回のパターンはプライベートセール参加者を守るための決断なので、かなりプラスイメージなんじゃないでしょうか?

10/4追記 IDCMでのIEO・上場中止とBithumb Globalへの上場決定が発表されました

2019年9月30日に予定していたIDCMでのIEOの中止と上場中止、そしてBithumb Globalへの上場が決定したとの発表がありました。

quras
Quras(キュラス)がIDCMでのIEO・上場中止とBithumb Globalへの上場決定を発表

公式リンク

公式Webサイト:
https://quras.io/en/

Telegram:
https://t.me/QurasOfficialGroup

twitter(en):
https://twitter.com/qurasofficial

twitter(jp):
https://twitter.com/qurasofficialjp

Medium:
https://medium.com/@qurasofficial

LinkedIn:
https://www.linkedin.com/company/quras/

Vimeo:
https://vimeo.com/user84125561

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です