無料でビットコインをもらえるのは、ビットフライヤー

[み]超初心者向けのTwitter Bootstrapを導入する方法

ちょうど1年くらい前にTwitter風のサイトをコツコツとつくったことのあるみはら(@masashi_385)です。
いまや、そんなコツコツとしなくとも全部CSSで解決できてしまう時代になったんですね。
しかも、かなりカンタンにできてしまいます。
それが、Twitter Bootstrapです。
今回は、使い方をざっくりとわかりやすく紹介します。

Twitter Bootstrapをダウンロード

ここからダウンロードできます。

Twitter Bootstrap

ここの、【Download Bootstrap】をクリックするとダウンロードできます。

コードを書く

ダウンロードしたファイルをサーバーにアップロードしたら、そいつらを読み込みましょう。
具体的には、こんなコードを<head>内に書けばOKです。
[cc lang=”html”] [/cc] あとは、JavaScriptも読み込みます。
それと、このTwitter BootstrapはjQueryを使うんで、読み込んでない方はjQueryも読み込んでください。
[cc lang=”html”]

[/cc] コードを書くところは</body>の直前がいいって言われてます。
ので、おとなしく</body>の直前に書きましょう。

これで、Bootstrapの導入完了です。

それでもわかんないときは、ドットインストール

たぶんほとんどの方は、みはらの拙い説明でもBootstrap導入できたと思うんですが、どうしてもダメだったという方。まだ、あきらめてはいけません。
「ドットインストール」でダウンロードから実際にゴリゴリ使うところまで動画で解説してくれます。

Twitter Bootstrap (v2.0)の基礎 – ドットインストール

このドットインストールは、Bootstrapだけでなく、htmlの基本から動画で勉強できますので、個人的にかなりおススメです:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です