[み]春の七種(七草)、全部わかりますか?

1月7日といえば、七草粥ですね。
七草粥
Wikipediaによると、この七草粥は1月7日の朝に食べるんだそうです。

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。

朝に食べるっていうのは初めて知りました。というか、これまでの人生で七草粥を食べた記憶があんまりありません… 1月7日と言えば納豆汁ですよね!

春の七種

ほとんどの方は、1月7日には七草粥という風習はご存じだと思います。でも、肝心の春の七種を全部言えるという方は、少なくなってきているんではないでしょうか?

七草粥に入れる、春の七種は次の7つです。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ

セリ、ナズナあたりは聞いたことがあるんではないでしょうか?他の5つは現代では1月7日くらいしか耳にすることは無くなってきていると思われます。

スズナ・スズシロはけっこう食べられています

けっこう知られている話かとは思いますが、スズナ・スズシロは日常的に食べられている野菜なんです。

スズナの正体

スズナは、「かぶ」なんです。
スズナ かぶ

スズシロの正体

そしてスズシロは、「大根」なんです。
スズシロ 大根

春の七種が勢ぞろいすると

こんな感じです。
春の七草

せっかくの機会ですし、7つ全部言えなかった方は、来年の1月7日に備えて覚えておきましょう。はい、わたしも覚えておきます…

ちなみに、有名ではないと思うんですが、夏の七草・秋の七草というのもあるようですよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup