AMANPURIでAMALを買う手順を画像付きで紹介!

位置情報連動型ブロックチェーンゲーム|DApps「CROSS LINK(旧Magic land)」

CROSS LINK

このみはら.comではここ最近、仮想通貨|暗号資産関係の記事がとても多くなっていましたが、今回は仮想通貨の根幹になっている技術「ブロックチェーン」を利用したゲーム(≒DApps)を紹介します

ブロックチェーンゲーム|DApps とは?

ブロックチェーンゲームはよくDAppsと言われますが、DAppsはDecentralized Applicationsの略語で、非中央集権の分散型アプリケーションという意味です。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンを利用しているので、中央管理者なしで運営・管理ができ、またアプリ内のデータの安全性・整合性はきちんと担保されています。

また、多くのDAppsはイーサリアム|Ethereumのプラットフォームを利用しているため、「イーサリアムゲーム」「イーサリアムアプリ」なんていう呼ばれ方をしているのも見かけます。

人気のDAppsはこちらからご確認ください。

参考

ブロックチェーンゲーム(dApps)一覧|おすすめ・人気作はどれ?ANICo

位置情報(GPS)を利用したブロックチェーンゲーム|DApps「CROSS LINK」

位置情報を利用したゲームというと、Ingress、ポケモンGO、ドラクエウォークあたりが思いつくのではないでしょうか?

今回紹介するブロックチェーンゲーム|DApps「CROSS LINK」は位置情報(GPS)を利用したブロックチェーンゲームです。


CROSS LINKの特徴は、

  • リアルとバーチャルが繋がるゲーム
  • ユーザーがゲームを作れる
  • 賞金付き大規模バトル
です。

リアルとバーチャルがつながる


プレイヤーは世界中を冒険し、各地のモンスターを倒したり、価値あるアイテムを収集したりします。もちろん、実際に現地に赴いてもよし、アプリ内で移動してもよしと、これまでの位置情報ゲームよりハードルは下がっています。


そして、わたしのようにマメではないユーザーに朗報なのが、基本放置ゲーだということですね。ドラクエウォークでも自動的に敵を倒してくれるWALKモードがありましたが、あのイメージですね。

ユーザーがゲームをつくる


CROSS LINKでは、現在ご当地ヒーローや企業とのタイアップを進めています。このタイアップはアイテム化やイベント化につながっていくようです。


後述しますが、CROSS LINKでは仮想土地を購入でき、土地所有者は自分の土地でイベントを開催することもできます。これまでもユーザー参加型のゲームはありましたが、ここまでユーザー主導でゲーム内にいろんなことが起こるゲームはなかったんではないでしょうか?

賞金付き大規模バトル


ポケモンGOにもレイドバトルがありましたが、ドラクエウォークでもトロルやら竜王やらドラゴンやら、他のユーザーと協力してたおしましたよね?あれと同じイメージです。

また、ボスが発生した土地の所有者は、より多くの賞金をもらえるという付加価値もあるとのこと。

仮想の地球上の土地を購入


CROSS LINKでは、アプリ内で使用される世界中の仮想土地を購入することができます。現在購入できる状態になっているのは日本国内の土地だけですが、今後は世界中の土地を購入できるようになるとのことです。

土地所有者は、自分の土地でイベントを開催したり、敵を呼び込んだりとゲーム運営に深くかかわることができます。さらに、自分の土地上でプレイ中のユーザーが課金した場合には、土地所有者に収益がバックされる仕組みにもなっています。


さらに、いくつかの土地からはアイテムとして強力なスキルを持つ「遺物」が発掘されるとのことです。

どんなところが値上がりしそう?

このCROSS LINKの仮想土地で、基本的に土地の価格は下げることができないとのことです。ということは、土地の価格は上がる一方。どんなところが値上がりしやすいかというと、あくまでも想定ですが、

  • 人口が多い土地
    ユーザーが多いほど収益が増えると考えられる
  • 所得水準の高い土地
    所得が多いほどゲーム内の課金が多くなると考えられる
  • 大都市を含む土地
    大都市には「ダンジョン」と呼ばれるゲーム内の施設を設定する予定
  • 歴史のある国(土地)
    遺物が発掘される可能性がある
このあたりの土地が値上がりするんではないでしょうか?

実際のリリースはいつ?

CROSS LINKですが、まだβ版すらリリースされていない状況です。ロードマップによると、2020年の1月にβ版のリリース、2020年の4月にver.1.0がリリース予定のようです。

なお、β版リリースの前に、仮想土地の細分化を行い、より小さいグリッド単位での販売を行うパブリックセール2が2019年12月に予定されています。現在は安いところでも、0.2BTC位の価格でなかなか手が出せない状況ですが、自分の住んでいるところくらいは気軽に買えるようになったらいいですね。

公式リンク

公式Webサイト:
https://www.magiclandproject.com/

twitter:
https://twitter.com/magiclandprj

Telegram:
https://t.me/magiclandprj

Discord:
https://discordapp.com/invite/fv6QnpX

LINE:
http://nav.cx/brRFQg5

YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCKpKQbP_W6QWqGEYWihS1aQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です