[み]1年くらい前のひるおびで紹介していた、市販の鰻をおいしく食べる方法

今日のひるおびで、土用の丑の日ということもあって、枯渇するニホンウナギの救世主としてビカーラウナギという鰻が紹介されていました。実は、このビカーラウナギはすでに都内のスーパーで蒲焼きにして販売されていて、価格がニホンウナギの約半額ということもあって、けっこうな人気だったそうです。

ただ、番組内で試食をした尾木ママこと尾木先生が、生放送ということを忘れたのか、一市民として率直な感想を言ったのかわかりませんが、これは鰻じゃない的なコメントをしていましたね。まぁ、その後は必死に自分をフォローしていましたが、昨日ニホンウナギを食べたとおっしゃっていたので、違いがなおさらわかってしまったんではないでしょうか?

たしかに、鰻はものすごく高級品になってしまいました。実際にスーパーに買いにいったところ、以前は900円程度で買えていたような鰻が、なんと1980円もしました。スーパーマーケットで2000円近い品物なんてそうないですよね。まぁ、専門店ではこの値段ではなかなか食べることは難しいとは思いますが、高いことにかわりはないですね。

でも、土用の丑の日ということで、高いなーと思いながらも、鰻を買いました。とその時に、そういえば1年くらい前にひるおびで、市販の安物鰻をおいしく食べる方法を紹介していたような記憶がよみがえってきたので、Google先生に聞いてみたところ、あっさりと見つかりました。ひるおびのオフィシャルサイトにも掲載されていました。

安物鰻が極上の味に!

安物鰻をおいしくする方法で記憶に残っていたのが、買ってきた鰻の蒲焼きをいったん洗うということだけだったんですが、それだけでもその方法を探し当てるのには十分でした。

では、その安物鰻を極上の味にしてしまう魔法のような技を紹介します。

  1. 買ってきた鰻の蒲焼きを水洗いする
    • 濃口しょうゆ:大3
    • みりん:大3
    • 砂糖:大3

    をフライパンに入れて火にかける

  2. 沸騰したら中火にし、焦げないようにひたすらかきまぜる
  3. とろみがついたら、このタレをとりだす
  4. 水洗いした鰻をフライパンに入れ、水:80ccと今つくったタレ:大1を入れ蓋をして中火で3分

via:TBS「ひるおび!」
これで、安物の鰻がふっくらとした高級品に生まれ変わります。

で、やってみた感想としては、たしかに変な臭みもなくふっくらとしていました。でも、驚いたのは、鰻がどうこうとかではなく、タレがうまいことです。あんなに簡単に作ることができたタレですが、焼き鳥につかってもうまいだろうなーと思いました。正直、タレでご飯がすすみました。もちろん、鰻もふっくらとしていました。

最終的には店で食べたい

今回紹介した方法で、たしかに安物でもおいしくいただくことができました。しかし、鰻がこれだけの高級品になったのであれば、高いお金を払ってでもお店で本当に極上なものを食べた方が幸せな気持ちになるんじゃないかと思いました。そんなことを言ってるからお金がたまらないんでしょうね…

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup