[み]Sublime Text2でShift-jisのファイルも扱えるようにする方法

久しぶりのSublime Text2です。巷では、Sublime Text3も出ているようですが、時代に乗り遅れて、Sublime Text2のままです。

今回紹介するのは、Sublime Text2でUTF-8以外の文字コードのファイル(主にShift-jisですよね)を扱えるようにする方法です。txtファイルなので、安心して開いてみたらきれいに文字化けしてた!なんて場面に遭遇された方は、きっと今これを読んでいるんでしょうね。みはらも、見事に文字化けしててあせりました。

「ConvertToUTF8」で簡単にできる

結論から言うと、ConvertToUTF8という、ファイルを開くときに文字コードをUTF-8に直して開き、保存時に元の文字コードに戻して保存してくれるプラグインを使うとOKです。

ConvertToUTF8の導入方法

Package Controlを使って簡単にインストールできます。

  1. Ctrl + Shift + PでPackage Controlの入力欄を表示させる
  2. install と入力し、【Package Controll:Install Package】をクリック
  3. Convert と入力し、【ConvertToUTF8】をクリック
  4. Sublime Text2を再起動
  5. おしまい

こんなに簡単に、Shift-jisに対応できちゃいます。これでWindowsのメモ帳で作成されたであろうShift-jisファイルも怖くなくなりました:)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

PAGE TOP arrowup