暗号資産|仮想通貨取引所MXC(抹茶)とは?

暗号資産|仮想通貨取引所MXC(抹茶)とは? 取引所トークンMXホルダーの投票で有望プロジェクトがどこよりも早く上場!

今回紹介する暗号資産|仮想通貨取引所のMXCは、取引所トークンMXのホルダー投票によって上場するプロジェクトが決まるという特徴をもった取引所です。

ちなみに、MXCはシンガポールの暗号資産|仮想通貨取引所なんですが、中国では抹茶という愛称で呼ばれています。ソースコードにも、

HTML
<title>MXC(抹茶)-全球领先的资产交易平台</title>
と、MXC(抹茶)と書いてあります。 でも、どうしてMXCが抹茶なのかはわかりません。わかり次第、追記しますね!( ˶˙ᵕ˙˶ )

MXC(抹茶)はどんな取引所?


冒頭でも紹介しましたが、MXCは2018年4月にシンガポールで設立された暗号資産|仮想通貨の取引所です。

CoinGeckoによると、24時間の訪問数は692,162、取引高は$14,830,284で第30位に位置しています。

上場している通貨は133種類、通貨ペアは203と、コインの種類・通貨ペアともにかなり豊富です。BEAM・GRINといった話題の通貨ももちろん上場しています。あと、野村ホールディングスが出資を決定したOMGも上場しています。

取引所トークンMX

MXC(抹茶)の独自トークンMXは、投票権になる(この後に紹介します)だけでなく、MXホルダーに対して取引手数料の60%を還元します。残りの40%はMXを買い上げる資金に使用し、買い上げたMXはバーンしてしまいます。

MXの総発行枚数は10億枚ですが、4000万枚はすでにバーンされていて、最終的には1億枚になるまでバーンを続けていきます。超単純に考えれば、発行枚数に対して流通枚数が1/10になるということは、1枚あたりの価値は10倍になるってことですよね?

予定どおり順調に伸びていますね( ˶˙ᵕ˙˶ )

60%配当・40%買戻し ⇒ 100%買戻し
2019年6月末にMXホルダーによる投票を行い、これまでの60%配当・40%MX買戻しという取引手数料の使用用途が、100%MXの買戻しに充てられることとなりました。

参考

MXC Announces the Voting Result about “Buy-back and Burn Ratio of MX”

トークン上場スピードは世界最速?

MXC(抹茶)は他の大手取引所と比べて新しいトークンの取扱いがとても早い、ということも特徴です。これまでにMXCが初上場となったトークンは、TIC・DAPPT・LAR・SEAL・LAD・AOがあります。

もちろん、ただただ早く上場しているだけではありません。きちんとプロジェクト内容や将来性・信頼性についても審査をした上で上場させているため、どこかの国の暗号資産のように無価値同然の状態にはなっておらず、どの通貨もきちんと価値を保っています。

ちなみに、これまで上場したコインの最高の上昇率は、1200%(12倍)です。10万円投資していたら、120万円になってます。

MXホルダーによる投票制度―1位のプロジェクトは無料で上場

このMXC(抹茶)にはユーザーによる投票システムもあります。もちろん、他の取引所でも同じように投票システムを持っているところはあります。

では、どうしてわざわざ取り上げて紹介するかというと、自分が投票したプロジェクトが1位になって上場した場合、そのトークンを購入する権利がもらえます。しかも、そのトークンを50%OFFで購入できるんです。

しかも、自分が投票したプロジェクトが1位にならなかった場合は、投票した分のMXが返ってくるというのはありがたいですね。

投票して1位になったら、その時点でほぼほぼ 投資した額 ≒ 利益 となるのは、MXトークンを持つ(この取引所を使う)大きなメリットですよね。もちろん、1位になっても販売価格を下回ってしまうこともあるんでしょうけど…

IEOに参加するにはMXが必要?

MXCで開催されるIEOに参加するには、MXトークンを保有していることが条件となるときがあります。例えばこれ。

参加には「過去30日の $MX の平均保有量が最低5000枚以上」という条件がついています。ちなみに現時点で5000MXは約135,000円です。まぁ、この金額が高いと判断するか、安いと判断するかはIEOにどのくらい参加する予定かで変わってくるんでしょうねぇ… 

今は大きな取引所のIEOっていうと、ほとんどのコインが何倍にも価値があがるので、135,000円というのは安いんでしょうかね?

いずれにせよ、独自トークンのMXにこんなにいろいろな機能があると、ついつい欲しくなっちゃいますね。まぁ、こうやってわたしのように取引所トークンに魅力を感じる人がでてくれば、自ずと取引所のアクティブユーザーも増え、取引高も上がり(=取引手数料も増える)、MXを買戻してバーンする量が増え、さらにMXトークンの価値が上がる、という好循環を生み出すわけですね。

あやかりたい( ˶˙ᵕ˙˶ )

ちなみに、2019年7月26日に行われた ZV のIEOには、4.4倍の申込があったそうです。

MXC(抹茶)はレバレッジ取引もできます

MXCではBitcoin(BTC)をはじめ、アルトコインのレバレッジ取引も可能です。Binanceの取引所トークンであるBNBもレバレッジ取引ができます。もはや取引所トークンにはおさまってない感じですね。

レバレッジ取引が可能なコインと倍率はこうなっています。

  • BTC:x10・x20・x50・x100
  • ETH:x10・x20・x50・x100
  • EOS:x10・x20・x50
  • XRP:x10・x20・x50
  • TRX:x10・x20・x50
  • BCH:x10・x20・x50
  • ETC:x10・x20
  • LTC:x10・x20
  • ONT:x10・x20
  • BNB:x10・x20

操作もカンタンです。

金額と数量を入力して、Buy|LongSell|Shortかを選ぶだけです。

ポジションを閉じたい時は、Close Positionをクリックしてポジションを持つとき同様に、金額と数量を入力してClose ShortClose Longかを選ぶだけです。

成行で売買もできる

指値ではなく成行で売買するときは、LimitをクリックしてMarketを選んでください。

ソーシャルレンディング(資金貸付サービス)で配当も


独自トークンで上場投票やら、IEOの参加資格やら、レバレッジ取引やらMXC(抹茶)では、現存する取引所でできることはほとんどできますね。ということで、配当もあります!

ただ、よその取引所でよくあるロックアップと違うのは、申込み期間・預け入れ期間はそれぞれあらかじめ定められていて、枠が埋まる・募集期間が終了すると参加できなくなるっていうところです。

そして、このソーシャルレンディングにもMXの保有が条件となっているものもあるので、いまのうちに MX 買っておいて損はないかなーと思ったりしています。

注意
暗号資産|仮想通貨は値動きが激しく、急に価格が暴落することもあり得ます。
くれぐれも暗号資産|仮想通貨への投資は余剰資金で行いましょう。

損はないとか言ったそばから、余剰資金でとか言っちゃうのはご愛嬌。でも、大事です!

なお、ここに掲載されているものすべてがレンディングサービスというわけではなく、PoS通貨もあったりするので、本当になんでもある取引所ですね!

日本独自のプロモーションも

MXC(抹茶)は海外ではだいぶユーザーがいるようですが、日本での知名度はまだまだ… という状況です。そこで、日本独自のキャンペーンがすごいんです!Twitterの最初のツイートが2019年6月19日なんですが、2ツイート目にはこちら。

プロモーションやるよ!と宣言し、これまでにたくさんのキャンペーンをやっています。

6月19日に最初のツイートをしてから、毎週エアドロイベントを行ってきました。そして、今度のイベントはブログコンペです。

なんと、最優秀記事には2万円分のUSDTがもらえるだけでなく、MXC(抹茶)の公認ブログになれるんです!ということで、もし、この記事が選ばれたら、したらばカラーから抹茶カラーにバージョンアップします!

公式リンク

公式Webサイト:
https://www.mxc.com/

Telegram(日本):
https://t.me/MXC_Japan

twitter(日本):
https://twitter.com/MXC_Japan

Telegram(CN):
https://t.me/MXCtelegram

Telegram(EN):
https://t.me/MXCEnglish

Weibo:
https://m.weibo.cn/u/6605413404

twitter:
https://twitter.com/MXC_Exchange

facebook:
https://www.facebook.com/mxcexchangeofficial/

Discord:
https://discord.gg/cuJnqjC

Medium:
https://medium.com/@mxc.com

Reddit:
https://www.reddit.com/user/MXC_Exchange

LinkedIn:
https://www.linkedin.com/company/mxc-exchange

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です