外国人でも読める日本語フォント「phonetikana」がすごい

けっこう前から色んなところで紹介されているんで、みなさんもうご存知かもしれませんね。
外国人でも読める日本語フォント「phonetikana」は、こんなフォントです。

それぞれの音の響きをフォントの中に埋め込んじゃってます。
だから、日本語を知らない外国人でも、なんて読むのか見ればわかっちゃいます

phonetikanaの使用例

この外国人でも読める日本語フォント「phonetikana」は、michael johnsonと彼が率いるデザインチームjohnson banksによって制作されたものです。
この「phonetikana」を使うと、こんな作品がつくれちゃいます。

ユニクロ


「ユニクロ」です。
YOO NEE KOO ROHって発音すればいいんですね。

スーパーヒーロー


「スーパーヒーロー」って書いてありますが、この形ってスーパーマンじゃなかったっけ?

チーズ


「チーズ」。
カメラがあるんで、写真を撮るときの「はい、チーズ」のほうだと思うんですが、色は完全に食べるほうのチーズですよね。

ドキドキ


「ドキドキ」。
こういうのは、ハートを付けてくれたほうがわかりやすいですよね。
というか、逆に英語では「ドキドキ」ってどういうふうに表現するんですかね?

ニコニコ


「ニコニコ」。
ニコニコしてますね。

くるくる


「くるくる」。
くるくるなんてかわいいカンジではないですね。
このくらいまわってたら、「グルグル」でもいいんじゃないですか?
まぁ、その辺のニュアンスの差は当然あると思います。

ムームー・バーバー


「ムームー」「バーバー」。
日本人は「もーーー」って聞こえますが、英語圏の人たちは「ムームー」とか「バーバー」って聞こえるんでしょうね。
不思議ですね。

外国人でも読める日本語フォント「phonetikana」、ぜひ使ってみたいですね:)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

commentYour Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

checkboxみはら.comはエックスサーバーです

editNEW エントリー

PAGE TOP arrowup